英語学習、しんどいなぁ

3ヶ月のプログリットビジネスコースを終え、

追加3ヶ月のIELTSコースに突入して2週間。

 

まぁ、今、なかなかしんどい思いをしている。

日々の徒然を書こうと思っても、

それどころじゃないくらい。

 

けど、ちょっと残して起きたいので書く。

 

ビジネスコースでは1日4時間を目標に設定し、

それ以上を目指して、

1日5時間程度の学習を3ヶ月進めてきた。

 

結果はどうか。

 

そんな簡単に英語力なんて伸びるわけがない。

 

Youtubeをひらけば、

やれ2ヶ月でTOEIC200点伸びただの、

驚異的な成長を餌に人を引き寄せるコンテンツが溢れてるけど、

んな、簡単な話あるわけない。

 

百歩譲って、そんなあなたは素晴らしいが、

3ヶ月毎日5時間、休みなくやっても、

できない人間もいる。僕みたいに。

 

dokugakuenglish.com

 

Ai Evansさんが書いているこの記事では、

 

f:id:nonameyet:20201116051814p:plain

 

1日5時間頑張って、5ヶ月でTOEIC700点と書いてて、

こっちの方がとても納得する。

 

1日6時間勉強するというのは、

思ったよりしんどい。

たった6時間。

1日のたった4分の1。

残り18時間もあるじゃん。

 

けど、日常生活を送って、

休憩もして、

ってしてたら、

それだけであっという間に時間は過ぎる。

 

出かけたり、食事行ったり、

ジムに行ったり、

1日に3時間他のことをいれたら、

もう何もする余裕はない。

 

つまり、働いているのと似たような状況かもしれない。

 

でも、働いていたときの方がまだ楽な気がする。

 

それは、既存の能力を使う作業と

未知のことを吸収する作業の差にあるのではないか。

同じ時間、同じ集中力でやるとしたら、

インプットの方が負担がかかってる気がする。

 

特に、今の作業は

・すぐ結果がでるわけじゃない

・できない自分に遭遇する

こともあって、なおのこと。

 

manablog.org

 

いや、ほんと、それな、

って思います。

 

 積み上げて頑張っていく系のものって、

わりとなんでもこうだよなぁ。

 

と、ちょっとモチベーションを回復させながら、

今日もまたがんばります。

 

「あせらず仕事を探したい」は「求職している」といえるのかどうか。はじめて『求職活動』にあたる『職業相談』にいってきた。

いわゆる失業手当。

正式には『基本手当』というらしい。

 

www.hellowork.mhlw.go.jp

 

これを受給するには、

「僕は、今月2回、求職活動頑張りました!」

「なのに就職できませんでした!」

「なので、、、、ください!」

という状態にしなければならない。

 

この求職活動には、

ハローワークの窓口で『職業相談』をすることも含まれている。

 

『職業相談』って、なにを相談すればいいのさ。

 

いや、そりゃ、

今すぐにでも就職したいという人からしたら、

「バカじゃないの?いっぱいあるよ、相談したいこと」

ってなるんだろうけれど、

焦って仕事に就く気もない僕からすると、、ね。

 

ググって見たら、こんなサイトを発見。

へぇーーーー。こんなんでいいの。

 

kokorokaradaokane.club

 

合わせ技、コンボで色々いけそうかもね。

 

でも、僕は今回ぜひ聞いてみたいことがあった。

 

それは

 

「いい仕事があったら就きたいけど、

焦ってしたくもない仕事はしたくはない」

 

これは求職しているって認めてくれるの?

 

ってこと。

 

お手当てをいただく前提は、

「求職しているのに仕事に就けない」

 

切迫感を持って

「絶対に就職するんだ!」

も求職活動だけど、

「いい仕事があったらやるよ?」

も求職活動なわけでさ。

 

要は後者でもいただけるのか?

ってこと。

 

担当の方に、もろ、それを聞いた。

 

「前の仕事がとてもブラックで。良いお仕事に巡り会えたら、就職したいとは思うけれど、焦ってとにかく職に就くことを優先したくはない。こういう状態でも失業手当てっていただけるんでしょうか?」

 

「なるほど。大丈夫です。給付されますよ。今はコロナ禍ということもあって、慎重に選びたいという方も多いです。また、実家に住んでいて、親の面倒を見たりもあるし、焦って就職するつもりもないが、条件にあった仕事があったら就きたい、という人もいますから。働くって生活の大半を過ごしますから、仕事選びは大切です。とにかく仕事に就きなさいという考え方はしていないです」

 

という感じのことを言ってくれてた。

 

ほぉ、、、良心的。

 

同じようなことを気にしている人がいたら、

勇気を持って相談して見てください。

 

これも求職活動の1回にカウントしてくださいました。

ありがたや、ありがたや。

週末、実家に帰ってた。

金曜日から月曜日にかけて実家に帰ってた。

お盆も帰らなかったし、

東京に出てきて両親もどういう生活しているか気になっているようだったし、

冬服も実家から持ってきたかったから、

顔見せがてら帰った。

 

英語学習中心の生活をしてて、

実家に帰ったからってやらないという選択肢はないから、

せっかく実家に帰っても両親との時間を過ごした感はないな。

両親としてはそれでも嬉しいものなのだろうか。

まぁ、自分の子供が帰ってきて顔を見せる、

近況を語る、

勉強している姿を見て日常を想像する、

それだけでもいいのかもしれないけど。

 

両親も70歳を過ぎた。

会うたびに、老けを感じたりする。

平均寿命からしたら、

あと10数年は生きるのかもしれないけれど、

ここから先はいつ何が怒っても、、、

とは思ったりもする。

 

彼らと共にできる時間は限られている。

年に4日×2回帰ったとしても、

1年8日、5年で40日か。

なんかさみしいもんだな。

 

自分の性格的に、

するべきことがあると、

常にそれが念頭にあってなかなか切り替えられない。

よくないなーと思う。

 

やるときはやる、

楽しむときは楽しむ。

 

簡単そうでいて、難しいそれができるようになりたい。

気がつけば、1週間後。

あら、、、何してたんだろ。

 

あ、、、そうか。

結構、遊んだんだった。

送別会、

鯛めし、

ジークンドー

ジークンドー

まいたけご飯、

食事、

美術館、スタジオ。

 

結構、夜に予定入れてて、

だから、昼間英語の勉強して、

それでか。

 

なんか、そやって忙しくしたからなのか知らんけど、

また、睡眠のサイクルがバグってる。

バグってるっていうか、

基本、ポンコツになってるから、

もはや不良品化してるっていったほうがいいのかもだけど。

 

22:30に寝たのに、1:30に目が覚めて、

そこからずっと起きてて

0:30に寝たのに、3:35に目がさめるとか。

そんなんが数日続くと耐えられなくなって、

昼間に寝てしまい10:00に寝て17:00に起きるとか。

 

まぁ、予定が入れば支障なく動けるからいいんだけど。

でも、なんか後ろめたい気もするんだよな。

『規則正しい生活』という呪縛。

 

まぁ、でも、物は考えようで、

眠気が来たら我慢せずに寝て、

バシッと目が覚めている時に、

やることをやるというのは、

生産効率が高いのかもしれないけどな。

失業の申請を初体験。

今日はハローワークにいって失業の申請をしてきた。

 

正確には『受給手続き』というらしい。

 

f:id:nonameyet:20201020035325j:image

 

退職してからここまでの流れで言うと

 

・会社から『離職票-1』と『離職票-2』が届く

ハローワークで求職の申し込み

・『受給手続き』

 

僕の場合、自宅近くの区役所に入ってる、

『ワークサポート』という就労相談窓口に、

マイナンバーカードを取りに行くついでによったら、

「受給手続きはここでできないんです」

ってことで、2度に分けて行った感じ。

ちなみに、求職の申し込みはワークサポートでもできた。

 

そこで求職の申し込みをすると

ハローワーク受付表』というA4用紙が1枚もらえる。

これから再就職を果たす、

あるいは、失業手当の受給が終わるまで、

これが僕のハローワークでの受付カードみたいな扱いになるらしい。

マイナンバーカード使えばいいのに。

 

求職の申し込みが済んでたから話が早かったのかな。

ワークサポートでやったときも、15分程度はかかってたし。

ワークサポートはガラッガラにすいてて15分だから、

これも同時にやるとなったらも少しかかってたのかも。

 

14:50に受付番号札をとって、15:45に呼ばれた。

待ってた人数は12人。

 

f:id:nonameyet:20201020150528j:image

 

離職票など必要書類を渡して、

手続き、説明受けなどは15分ほど。

終わったのは16:00分ほどでした。

 

なお、手続きに必要な書類は下記の画像、またはリンク先。

f:id:nonameyet:20201020033849p:plain

ハローワークインターネットサービス - 雇用保険の具体的な手続き

より

 

面倒くさいから文句をいってるわけではなく、

効率化できるのにな、という意味で書くけど、

デジタルでポートフォリオを管理して、

マイナンバーカードと連携してくれたら、

双方にとってかなり楽になるのになぁ。

写真の撮影、提出だっていらなくなるじゃん?

履歴も追えるよね?

そこから履歴書プリントアウトができれば、

なおよし、だし、

キーワードタグ付けして、

求人側も検索できれば、

オファーもできたりするだろうし。

求職者は希望制で自分の情報を

公開するかどうか選べばいいし。

似たような仕組みはあるらしいけど。

 

思いを込めて履歴書を書いて、

受かるまで何通も書いて、

足繁く運んで、、、、

 

みたいな価値観古いと思うんだよなぁ。

 

「その人となりがそこからわかる」

 

とか、嘘つけ!って思う。

それなら、試用期間で、見たほうがいい。

 

あと、失業手当の振込先口座に、

『インターネットバンク・外資系金融機関以外のもの』

という条件がついているのもな。

ネットバンキングを禁止する理由、、、

 

ということで、無事手続き完了。

ちょっと愚痴っぽくなったけれど、

そういう仕組みづくりをすれば、

みんながハッピーになると思われます。

音声・音韻/文字・表記の科目試験を受けてきた。

金曜日のこと。

 

今回はちょっと手を抜いてしまった。

英語の勉強に集中してしまって。

 

結果88点。

 

f:id:nonameyet:20201019023551j:image

 

やっぱりやらないとダメね。

 

送り仮名の付け方は完全捨ててしまってたし、

部首なんかもちょっと力抜いてた。

そこらへんで落とした感じだなぁ。

 

音声・音韻の方は力を入れて勉強したんだけど、

そっちは満点だった。

 

e-ラーニングの先生が教えてくれてた、

 

加賀は難攻

火矢で後攻

サザタダナラ死刑

 

という調音点についての語呂合わせは役に立ったなぁ。

 

拍や音節を数えたり、

例えば

「チ」の有声・無声/調音点/調音法を選べ

みたいな問題まではでなかった。

だから、そこまでこんつめてやってないけど、

全体的に上の語呂合わせと、

あとは感覚でわかる調音法でいけた。

ただ、口蓋化したときに調音点が変わるのとかは押さえておいてよかった。

 

あと、文字・表記のところでは、

漢字表の年代とか文字数は押さえておいてよかった。

年代とか出てくるあたり「こまっ」って思ったけど、

まぁ、テキストやe-ラーニングの動画を押さえておけばおっけーだった。

 

そんな感じ。

 

さて、科目7の試験に向けてまたがんばろー。

知ってる。英語学習は決してコスパは良くないし、英語だけできても何にもならん、ということを考えた話。

僕はいま英語の学習をし直している。

 

大学時代に英検準1級をとったまま、

アップデートをすることもなく、

むしろ、使わないことで錆びつかせた。

 

今更感がないこともないけれど、

ずっとそんな

「中途半端」

を放置してきた違和感を解消すべく、

今新たに英語の勉強をし直している。

 

eikaiwaonline.net

 

英語習得3000時間神話。

よく読めば、大した根拠にはならないが、

アメリカのエリートが

日本語習得にそれだけかかるのなら、

僕みたいな凡人は、

まぁ、これを最低として当てはめても、

間違いはないんじゃないかとは思う。

 

英語学習は、

決して効率的に稼ぐ道ではないなと思う。

 

いやいや、英語が話せたら、

収入が上がるでしょ、

って声も聞こえてきそうだけど、

3000時間を365日でわると、8時間。

1日4時間投下するとしたら、2年間。

1日2時間投下するとしたら、4年間。

それだけの時間、

もっと稼げるフィールドに投下したほうが、

収入は上がるんじゃないかしら。

 

そもそも、

英語が話せるだけで収入が上がる

なんてことは

ないと思った方が良いように思う。

 

英語はあくまで道具だ。

その道具を使って何をするかが大事なんだよ、

と思う。

 

英語ができるだけで収入が上がるなら、

世界中に15億人はいると言われている

英語話者は、みなリッチなはずだ。

 

僕がお世話になってるDMM英会話の先生たち。

毎日25分のレッスンを受けられ、

それで月額6,480円。

毎日25分ということは、1ヶ月で12時間30分。

1時間あたりの値段を割り出すと518円。

 

!!!

 

え? 先生たち、いくらもらってんの??

 

なんて思って、調べて見たら、

いろんな国の先生たちが、

いくらで教えてくれてるか

を書いてるサイトがあった。

eikaiwa-plus.com

 

 

世の中の情報は間違っていると思う。

 

「英語ができれば世界が広がる」

「英語ができれば収入が上がる」

 

こともある、、、ってだけの話。

 

つまりだ、英語だけしてるんじゃ、

あかん、ということ。

 

最近、英語の勉強を一生懸命頑張ってる。

1日5時間〜7時間勉強してる。

それで1日のほとんどを使い、

「俺は頑張ってる」と思っているけれど、

これだけじゃだめだな、、、

って思ってちょっと考えたこと。

 

それを使って何をするか、

それも大事に考えていこう。

 

本も読んで、人とも関わって。

いろんな経験を積み重ねていこう。

 

あ、、、、

でも、そもそも、

稼ぐことにそんなに興味はなかった。